下水に油を流すことは危険な行為

下水に油を流すことは危険な行為

下水に油を流すことは危険な行為 油を排水口から捨てると固まって排水口付近に分厚い蓋のような状態で留まってしまします。そうすると水を流しても全く排水されていかないか、排水スピードがかなりゆっくりになるなどの症状が出るようになります。詰まりは、自分では解決できないので水回りの専門業者を呼んで助けてもらわなくてはいけません。
高圧洗浄機などを用いて作業する場合、高額な費用がかかります。また、悪いことはこれだけではなく下水を通って流れていった油は、川や海に流れることにより環境汚染に繋がります。自分が何気なく行ってしまった行為によりここまで影響が出るのかと驚くかもしれませんが事実なのです。こういった事にならないためには大量に流さないことはもちろん、食器などについた物も出来るだけ拭き取って捨てる事をお勧めします。少量なら下水管は詰まりにくいかもしれませんが、少しずつ蓄積されると塊になる可能性がありますし、環境汚染にもなるからです。流さなければ自分のためにもなるし、生態系のためにもなります。

下水がつまりの原因にはどんなものがあるか

下水がつまりの原因にはどんなものがあるか 下水のつまりの原因には家庭の中の水回り全てが関係してきます。トイレは便器に携帯などを落としたり、排泄物、トイレットペーパーなどが溶けずに残るなどの考えられます。キッチンは油汚れ、洗剤の溶け残りなど、お風呂や洗面台は髪の毛や垢、石鹸のカスなどがあります。
下水のつまりは解消できるものとできないものがあり、トイレは落下物であれば拾う、排泄物やトイレットペーパーであれば時間が経てば溶けて解消されることもあります。また、ラバーカップを用いるのも有効です。お風呂場の髪の毛のはワイヤーブラシやハンガーなどで直接取り除くと効果的です。キッチンはお湯をゆっくり流すと解消されることもあります。
自分で直せない場合はプロの業者にお任せするしかありません。専門業者は簡単に直せないものは高圧洗浄機を用いた作業になり費用が高額です。業者を呼ぶのは最終手段ですので、日ごろから下水トラブルが起きないようにすることが大切です。

新着情報

◎2019/2/8

下水に油を流すことは危険な行為
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

すっぽんを使用して直す
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

下水のつまりとサヨナラ
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

下水のつまりや悪臭を撃退
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイト公開しました

「下水 危険」
に関連するツイート
Twitter