下水のつまりに関する情報を掲載しています

このサイトでは下水のつまりに悩まされている方々のために、すぐに実践できる解決法などを紹介しています。
まずは下水のつまりの原因を知る事で、洗濯機が使えなくなるといったトラブルに巻き込まれないよう対処をしてみてください。
手軽に実践できる対処法を紹介していますので、専門知識を持っていない人であっても問題ありません。
水が上手く流れない事により、異臭が発生するといったトラブルを防ぐためにも、当サイトの情報を参考にしてください。

洗濯機の下水のつまりの原因

洗濯機の下水のつまりの原因 セーターなどの衣服を洗濯していると、繊維に絡み付いていた髪の毛が排水管に入り込んでしまい、水の流れを止めてしまう事も珍しくありません。
特に冬場に洗濯機の下水がつまりやすいと悩んでいる人は、セーターなどの髪の毛や体毛が絡み付きやすい衣服を洗濯する際には注意をしてください。
下水に髪の毛などが入り込んでしまわないように、セーターを洗濯する前に粘着テープなどを使って、絡み付いている髪の毛などを取り除いておく事も重要です。
ホコリなどを受け止めてくれる洗濯機のフィルターが破れていないか、定期的にチェックをする事も忘れないようにしてください。
フィルターに小さな穴ができているだけでも、そこから大量の髪の毛が流れ込んでしまい、下水のつまりを起こす原因となります。

洗濯機の下水のつまりの対処法

洗濯機の下水のつまりの対処法 洗濯機の排水ホースは、床や洗濯機パンなどに設置されている排水口に接続するのが一般的です。
しかし、その排水口の形や種類にもよりますが、悪臭が逆流してこないように作られているトラップなどに、糸くずフィルターを通り抜けてしまうような細かな繊維くずが付着して、長年の間に水が流れにくくなるくらいに溜まってしまうこともあるのです。
そのような下水のつまりに対する対処法をご存じの方は、実はまだ少ないのではないでしょうか。
下水管のように太いものであれば、繊維くずでつまりを起こすことはあまり考えられません。
けれども、トラップとなると排水ホース程度、もしくはそれよりももっと細く作られているので、流れが悪くなることも多いのです。
ところが、排水口が床などにしっかりと固定されていて、排水ホースも十分に固定されていると、下水がつまりを起こしても逆流してくることは意外に少ないのです。
むしろ、洗濯機が異常を検知するなどして、動かなくなってしまう場合もあります。
そこで、洗濯機を使う頻度にもよりますが、1年に1度くらいは、下水のトラップなどがつまっていないか、排水ホースなどを引き抜いて調べ、繊維くずなどがつまっていたら掃除をすることも大切なのです。

下水のお悩み情報サイト

下水のつまりを改善する

新着情報

◎2019/2/8

下水に油を流すことは危険な行為
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

すっぽんを使用して直す
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

下水のつまりとサヨナラ
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

下水のつまりや悪臭を撃退
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイト公開しました

「下水 つまり」
に関連するツイート
Twitter